サクランボ農園その2
5月なかば。サクランボの実もかなり大きくなって、すずなりですが、おいしいサクランボにするために1つの花芽に4〜5粒だけ残してあとは切り落とす「摘果」と、新芽を切りつめる「摘芯」とゆう、来年咲く花を増やす為の作業をします。高い所は昇降機に乗ってやります。6月なかばごろには、美味しく食べられるようになります。
         

サクランボ農園その1
今年も岩原オーチャードサクランボ農園でのアルバイトが始まりました。4月なかばに花粉を取るために花を摘み、機械にかけて花粉を取り、乾燥させます。そして鳥の羽を束ねたハケの付いた柄の長い棒に花粉を付けてハウスの木に咲いている花に、強く押しつけないようにやさしく受粉させます。
    

 
春ですよ
今年も庭の巣箱に小鳥達が巣づくりを始めました 。八ヶ岳南麓もいよいよ春、そして新緑が美しい季節になります。ハイキングや色とりどりに咲く花を楽しみに遊びに来ませんか。

 
うりぼう
9月2日PM7時ごろ林の中の道を家族を乗せ車で下って行くとライトの先に何か三匹の動物が見えました。仔犬かな?と思いながら近ずくと、なんと!猪の子ども”うりぼう”でした 。全員おもわず「かわい〜」。車を止めてしばらく見ていると、森の中へ帰って行きました。親の姿は見えませんでしたがきっと近くにいたんだと思います。大泉に住んで10年目にして初めて”うりぼう”を見ました。

夜の足音
6月10日夜11時ごろ犬をつれて外に出てみると、林の中からカサカサと、誰かが歩く音が聞こえてきました。  チョット怖かったけど音のするほうを懐中電灯で照らしてみると、暗闇に光る 目・目・目!!よ〜く見てみると、そこにいたのは鹿の群れ。       エサを食べにきたみたいです。すぐ目の前に現れてビックリ!それにしても、うちの犬は ”鈍感”なのか、全然気が付きませんでした。

釣りの話
4月になって沢の雪も解け渓流の魚たちも活発に動き始めます。釣りキチには嬉しいシ−ズンです。ペンションの仕事がないとき(あっても・・かな)時間を作っては近くの川へ出かけていく
”釣り大好き”オ−ナ−もいます(私のことではありません)
でも夏、ペンションのトップシ−ズンともなると、さすがに近くの川へも行くことが出来ません。9月になりやっと竿を出せると思ったらじきに禁漁になってしまいます。だから周りに「又行くの」・「好きね−」と、言われながらも今日は岩魚・明日はアマゴだと竿と長靴ぶら下げて出かけてしまう今日このごろです。